一九堂

Eco

紙のムダ、電力のムダ削減状況

11/24.2016
paper/elctricity

足許5年(2014年~2018 年)の東京工場の電力使用量、用紙購入量、回収紙排出量等の推移は以下の通りです。

小ロット案件の増加と全体生産量が伸び悩んだ2017年に大幅上昇した回収紙排出率(購入用紙のうち回収紙として排出された割合)でしたが、予備紙の見直し等で2018年は大幅抑制することができました。紙のムダは着実に減りつつあります。

 

  単位 2014 2015 2016 2017年 2018年
用紙購入量 t 2,651 2,409 2,577 2,286 2,411
回収紙排出量 t 729 745 749 798 675
概算製品量 t 1,922 1,664 1,828 1,488 1,736
回収紙排出率 % 27.5% 30.9% 29.1% 34.9% 28.0%
電力量 kWh 1,728 1,694 1,671 1,538 1,492
単位電力量 kWh/kg 0.90 1.02 0.91 1.03 0.86

 

一方の電力ですが、印刷機の入れ替え(UV→LED-UV)等が寄与し、東京工場の節電はさらに進行中。電力量は引き続き減少トレンドにあります。単位電力量(製品1㎏を製造するのに必要な電力量)もここ数年で最低水準で推移しており、効果は着実に出てきおります。

余り紙・ヤレ紙などの紙のムダの削減、製造ロスの削減、節電などを一人一人が意識し、 引き続き、紙のムダ、電力のムダを削減し、限りある資源を有効に活用していきましょう!!

HOME